夫婦関係調整調停中の方へ

  • 自分で離婚調停を起こしてみたけれど、不利になっている
  • 調停委員が相手に肩入れしているように感じる
  • 調停を不成立にして訴訟をするか、妥協するか決断を迫られて困っている
  • 調停の進め方がわからない

このようなお悩みを抱えた方は、虎ノ門法律経済事務所にご依頼頂いたら弁護士がサポートいたします。

 

1.夫婦関係調整調停とは

夫婦関係調整調停とは、夫婦関係について、話合いによって解決をするための手続きです。

一般的には「離婚調停」と呼ばれていることが多いです。ただ、夫婦関係調整調停には、離婚の方向だけではなく、夫婦関係を修復させる方向の円満調停もあります。

日本では、協議離婚の話合いによって離婚するケースがもっとも多いですが、話合いをしても条件がまとまらない場合には、離婚調停によって解決するしかありません。

離婚調停をすると、調停委員が夫婦の間に入って話を進めることができるので、相手と感情的な対立が起こりにくく、解決につながりやすいです。

調停が成立すると、裁判所で調停調書が作成されて、それを役所に提出したら離婚することができます。

ただし、離婚調停では、調停委員を味方につけることができないと、話が不利に進んでしまいます。また、調停は話合いの手続きなので、相手が合意しない限り、解決に至ることはできません。

 

2.夫婦関係調整調停を弁護士に依頼するメリット

夫婦関係調整調停を進めるときには、弁護士に依頼すると有利になりやすいです。

弁護士が法律的な観点から依頼者に有利なポイントを整理するので、調停委員を味方に付けやすいからです。特に、相手が弁護士を立てているときには、こちらも必ず弁護士をつけるべきです。

また、弁護士に調停の代理人を依頼すると、本人は手続的なことを何もしなくて良くなるので、非常に楽です。

さらに、調停中に重大な決断を迫られたとき、弁護士に相談をすることによって、正しい選択をすることができるので、後悔しない離婚を実現することも可能となるのです。

ご自身で途中まで離婚調停を進めていて不利になっている場合でも、途中から弁護士に依頼すると、調停の風向きが変わることが非常に多いです。

弁護士が対応することにより、離婚を拒絶していた相手を離婚に応じさせたり、慰謝料や財産分与を増額させたりすることも可能です。子どもの親権争いが起こっている場合には、子どもの一生を左右する重大な転換点ですから、必ず弁護士に依頼して万全の体制を整えるべきと言えます。

虎ノ門法律事務所では、これまで夫婦関係調整調停の代理人を務めた実績が非常に高く、常に親身な対応を心がけております。

離婚調停のみならず円満調停についてもご相談を承っておりますので、お困りの場合には、是非とも一度、ご相談下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー